インターネットで誹謗中傷された時はどうすればいいの?

ブロバイダーなどに削除を求めよう

ブログや掲示板などに例えばあいつは泥棒だなどと誹謗中傷する内容が書き込まれたら困りますよね。書き込みをした本人に削除を求めて、応じてくれれば良いのですがなかなか難しいです。そんな時は誹謗中傷にあたる書き込みがされたブログを運営する会社や、サイトのプロバイダーなどに削除を求めましょう。削除依頼する場合は誹謗中傷に当たる箇所を具体的に指摘してすると良いです。また、ブログやサイトから書き込みが消えても検索サイトのキャッシュに残ってしまっている場合もあります。いずれキャッシュは消えますが気になるときは検索サイトにも削除を要請しましょう。

削除に応じてもらえない場合

ブログの運営会社やサイトのブロバイダーなどに削除要請をしても受け付けてもらえない場合がありますよね。こんな時は弁護士に依頼すると良いかもしれません。まず、弁護士が削除するようメールや手紙を送ります。この段階で削除されることもあります。それでも削除されない場合は、訴訟を提起することになります。勝訴すれば大抵の場合は書き込みは削除されます。弁護士費用はかかりますが、ネット上の誹謗中傷をなくすには実効性の高い方法なので、悩んでいる人は一度弁護士に相談してみても良いでしょう。

名誉毀損罪や侮辱罪にあたるとして警察に届け出る

誹謗中傷は名誉毀損罪にあたる可能性があるので、警察に被害を届け出るのも1つの対応手段でしょう。名誉毀損罪は事実を摘示していても世間に知られれば信用を低下させるような内容であれば、適応されます。例えば、不倫していると書き込まれた場合は、事実であったとしても信用を低下させる内容には違いありませんから、名誉毀損罪にあたりますよ。また、インターネット上に書き込んだ時点で多くの人の目に触れ、信用を傷つけうる状態にしたといえるので、書き込みがあったのが実際には1日に1人しかアクセスしないようなブログであっても名誉毀損罪の適用対象となります。

匿名性の高い掲示板などのウェブサイトでは、誹謗中傷が繰り広げられていることがあります。誹謗中傷対策には、専門の業者に依頼するか弁護士に相談するとよいでしょう。