必見!センスのあるホームページのデザインのポイント3選

まずは、ホームページの設計図を作る!

ホームページを作る際に、とりあえず適当な配置をしてから後で調整をしようと思って失敗したといった方は多いですよね。センスのあるホームページにするにはデザイン設計図を作る事が大切となっています。予め、どこに何を置くのか決めておく事で作業がスムーズになるだけではなく設計図から全体のバランスを見る事で改善点をすぐに見付ける事も出来るんですよ。その際に、利用するサーバーを決めておく事も忘れないようにすると良いでしょう。

関連性のある情報は一箇所にまとめる!

ホームページ上には様々な情報を記載しますよね。色んな箇所にバラバラに記載すると閲覧者が使いにくい印象を受けてしまいます。関連性のある情報を一箇所にまとめる事で簡単に見やすくする事が出来ます。また、テキストでは左揃え・中央揃え・右揃えから好みを選ぶ事が出来ますが、テキスト文を設置する際には統一しておく事でスッキリした印象を与えれます。自分の好みでデザインするのではなく、閲覧者や利用者の立場になる事もセンスのあるホームページ作りには欠かす事の出来ないポイントなんですよ。

色使いでオシャレさが決まる!

センスのあるホームページに共通している点として綺麗でまとまった色使いをしている事が挙げられます。一方で、センスのないホームページでは使えるだけの色を使用した事でゴチャゴチャ感や見ていて目がチカチカするようなデザインとなっている事が共通しています。使用する色は多くても4色程度にする事でまとまりを出す事が出来ます。デザイン上級者になると背景を敢えて白にする事で伝えたいポイントが自然と目立つようにしている等のテクニックを使用しているんですよ。

レスポンシブのおかげで、様々な端末からアクセスをする事が出来る、操作をする事が出来るウェブページになりますので、とても重要です。