WEBサイトを作る、依頼するのに必要なものやこと

まずはコンセプトを考える

WEBサイトを作ろうと思った時、なにをいちばん伝えたいですか?お店のサイトでしたら、サイトから新規のお客さんを集めたい!サービスの内容やメニュー・営業時間・場所など伝えたいことがたくさんあると思います。いちばんに考えるのは、お客さんが店に来てくれることであったり、商品を買ってくれることがポイントになると思いますが…。他のライバルに差をつけたい商品やサービスを紹介出来るのがサイトの目的ではないでしょうか?!

サイト制作はどのようにするのか?

サイトの作成を制作会社に依頼することもあるでしょう。費用はかわってきますが、サイトの更新なども依頼できますがWEBを制作する段階でシステムの管理部分の設計が関わってきます。サイトが出来上がった時の公開方法はどうしますか?宣伝する方法も、バナー広告やリスティング広告を出す・DMやショップのカードにURLを記載する・ツィッターやフェイスブックのアカウントを開設して宣伝するなどいろいろあります。依頼する場合予算に応じて変わってくるでしょう。

WEBサイトを作っていく

サイトマップをもとにして各ページの設計図を描いていきます。そして、設計図をもとにしてデザインを作成していきます。パンフレットやチラシの媒体からデータを取ったりして、サイトの制作に必要な原稿や写真を書き出して行きましょう。これを制作会社に依頼すると、撮影料やライティング料が発生します。ページの設計図をもとにデザインしていきます。デザインが確定したらHTMLに合ったデザインを反映していきます。想定利用デバイスやブラウザに沿ったコーティングを行いましょう。サイトの管理などで多く使われるシステムが必要な場合は、コーティングの後に組み合わせていきます。こうして出来上がったサイトはWEB上での公開になります。制作会社に依頼するとオプションになることが多いのですが、SEO対策のために検索エンジン対策としてGoogleのウェブマスターなどでサイトの登録を行います。

web制作というのは、レイアウトや内容をはじめとした様々な点に対して多くのこだわりを持つことが重要で、より魅力的な仕上がりを目指せます。